2

脳振盪評価ツール等を使用し、現在の状態の把握。(脳振盪評価ツールはSCAT5とVOMSを使用します。この他にも前庭動眼機能、自律神経、原始反射、首・肩の可動性などもチェック致します。)