個人談:白米→玄米→白米と食べ変えてみて

最終更新: 2月17日


こんにちわ、Calantスポーツリハビリ&パフォーマンスの爪川です


今回は個人的な感想のブログ記事となります


小学生の時の読書感想文なんかは大の苦手で3行ぐらいしか毎回書けていませんでしたが、今回は内容的に感想文ですが、それよりも長くなるように頑張ってみました



我が家のお米は基本的に白米をずっと食べています


それは子供の時からずっとで、アメリカに住んでいた時も白米を食べていました(アメリカのお米より日本のお米の方が1億倍美味しいです)


そもそも、食べ物の中でトップ3に入るぐらい白米が好きです


おかずなしの白米だけで全然美味しいと思いますし、何杯でも食べることが出来ます


そんな私がお米を白米から玄米へ変えた理由、そして玄米生活をして思ったこと、そらに玄米から再度白米に戻して感じたことを書こうと思います


白米から玄米へ変えた理由


白米から玄米へ変えた理由、それは大きく分けて2つあります


1つ目は食事の後に眠くなることが多かったこと


2つ目は食事の後に頭痛がする時があったこと


1つ目の食事の後に眠くなることは、皆さんも経験があると思います


学生時代に給食の後の5限目辺りは眠くて居眠りをしている時も個人的には多かったです


「食事の後は眠くなる」


これはある意味で生理現象なのかもしれませんが、実はこれは血糖値と関係があります


食事をすると血液の中の糖の値が上昇します


糖とは身体や脳を動かすエネルギー源で、車で言えばガソリンのようなものです。ガソリンが無くてはいくらいい車でも1mmも動きません


身体はエネルギー源として糖の他にタンパク質と脂肪を使えますが、脳に限って言えば糖以外のエネルギー源は使えません


ですので、糖というのは体にとって非常に重要なエネルギー源です


食事の後は血中の糖が増えますが(血糖値が上がると言います)、食後の眠くなる時というのは、この食事で上がった血糖値が下がる時に感じます


血糖値というのは常に一定の範囲に収まるようにコントロールされています。ですので、食事で上がった血糖値も、食後は元の数値に戻っていきます


そして食後の眠くなる感覚というのは血糖値の下げ幅とも関係があります


血糖値の下げ幅と言いましたが、これは元々の血糖値の値から食事で上がった分の上げ幅と同じ意味です


食品の中でも食べたら血糖値を急激に上げるものと、ゆるやかに上げるものがあります


この時、血糖値が急激に上がったらその上がり幅が大きくなり、それゆえ食後の血糖値の下がり幅も大きくなります(上げた分と同じだけ下げなければいけません)


食後の血糖値の下がり幅が大きければ、その分食後の眠気を強く感じる場合があります


では、どのような食べ物が血糖値を急激に上げやすいのか?


それは色々な食べ物があるのですが、なんと白米もそのうちの1つです(こちらを参照


なんなら、白米は最も血糖値を急激に上げやすい食べ物の1つです(他にはパンなどがあります)


もちろん白米を食べたらダメというわけではなく、白米を食べても一緒に野菜などを主菜・副菜などでバランスよく食べ、時間をかけてゆっくり噛む事などでも血糖値の急激な上昇は改善することは出来ますが、私の場合は白米が好きすぎてガツガツ食べるタイプ


なかなかゆっくり食べるというのは習慣的に難しいのでした


ただ、それでは血糖値も急激に上がるし、食後の眠けも出てくる


それは嫌だなと思ったのが玄米に変えてみた理由の1つめです


白米から玄米に変えた2つ目の理由は、これも食後の眠気と似たような理由ですが、食後に頭痛が出る場合は時々起き始めたからです


もちろん、この頭痛が血糖値や食事とどう関わっているのかは調べていないのでわかりませんが、感覚的に血糖値の急激な上昇と関わっているのではないかと感じていました


頭痛自体は大した酷さでは無く、時間もそこまで続かないのですが、嫌な感じはありました


この頭痛が2つ目の理由です


玄米に変えてみて思ったこと


これは箇条書きでデメリットとメリットを書こうと思います


まずは玄米に変えてみてからのデメリット


1 まず美味しくない笑


正直、玄米の味に慣れるのは数週間かかりました。逆にいうと数週間経てば玄米でも美味しく感じます(ただ、時々食べる白米の美味しさは倍増します)


2 カレーや刺身とは合わない


白米には勝てません


3 いっぺんに多く炊けない


これは炊飯器の大きさにもよりますが、白米であれば3合炊ける炊飯器であれば玄米の場合は2合しか炊けません。ですので、夕食用に炊いたら、次の日の朝食べるとお昼のお弁当の分はほぼないという事態が起こります。私は基本的に弁当派なので、1回で2合しか炊けないのは不便でした(もっと大きい炊飯器を買えばいいだけの話ですが、、、)


次にメリットを


1 食後眠くならない


全く眠くならなくなりました!玄米をお茶碗2杯程度食べても全然大丈夫!


2 頭が痛くならない


これも全くなくなりました!(もしかしたらプラセボ効果もあるかもしれませんが、、、)


3 お通じの量が多くなった


白米を食べていた時から便は毎日出る方でしたが、玄米生活にしてから1回1回の便の量が増えた気がします、いや確実に増えてました


4 感覚的に身体の調子が良い


これはなんとなく感じたことですが、身体の調子の良さを感じました。これをなかなか言葉にするのは難しいのですが、疲れにくいとか集中しやすいとかそのような印象です


個人的には玄米の健康効果と言いますか、それはすごく感じましたし、玄米の味にも慣れたのでメリットの方が大きいなと思っていました。玄米生活は3ヶ月ほど続きましたが、始めてから3-4週経ったぐらいでこの効果は感じ始めていました


ただ、家族会議の結果、再度玄米から白米に戻すことにしました(諸事情ありまして)


ですので、最後の玄米から白米に戻して感じたことを書こうと思います


玄米→白米で感じたこと


1 便の量が減った

2 便が軟便のようになった(日によります)

3 白米を多く食べた後は眠気が出る


まだ頭痛が出ることはないですが、玄米⇄白米に変えるだけでこんなにも違いが出るとはなぁ、、、



#白米 #玄米 #食事 #栄養 #食べ比べ

7回の閲覧0件のコメント