腹筋エクササイズ@YouTube開始のお知らせ



自己紹介


こんにちわ、CALANTスポーツリハビリ&パフォーマンスの爪川慶彦です


私は東京都文京区白山で一般の方からアスリートまでのスポーツリハビリ/パーソナルトレーニング/コンディショニング/脳振盪リハビリを行っております

本日の記事はこちら↓


腹筋エクササイズ@YouTube開始のお知らせ


本日9/27(月)より、当店のYouTubeチャンネルにて腹筋エクササイズの動画配信を開始致します


腹筋というといわゆるお腹がバキバキに割れた6パックなんかを想像しがちですが、今回のプログラムではそれを目指すというわけではなく、以下の様なことが目的となります


① 運動習慣の確立


この腹筋エクササイズは毎週月、水、金の夜7時に更新されます


1回の動画の長さは約3−4分のみで、寝る前やお風呂に入る前の短時間で終わります


さらに、この腹筋エクササイズに器具は一切不要です


1日24時間の中の数分で手軽に週に3回腹筋を行えば、運動習慣も形成されやすくなります


② 腰痛予防・改善


当店は腰痛の再発予防や改善の為にお越しいただくお客様が多いです


腰痛は様々な原因で起こりますし、基本的に1つの原因だけで起こるというよりも色々な原因が重なって起こります


例えば、足首や股関節の硬さ、肋骨や肩甲骨の硬さ、胸椎(きょうつい)という背骨の部分の硬さ、頭の位置の悪さ、身体の動かし方の悪さ、長時間の同じ姿勢、精神的ストレス、体温や気温の低下など


上記は全て腰痛の原因となるものです


そしてこの他にも、絶対的な腹筋の筋力低下や運動不足も腰痛の原因となります


「腹筋を鍛えれば腰痛は良くなる」という簡単なものではありませんが、ある一定以上の腹筋の筋力は腰痛改善や予防には必要です


ですので、その一定以上の腹筋力を手に入れる為にも継続的に腹筋エクササイズに取り組む必要があります


当店の腹筋エクササイズはレベル1からレベル8まで用意されており、レベル1は難易度や強度もかなり低めの種目となっていますので、全くの運動初心者でも行いやすくなっています


(アスリートで腰痛がある方は腹筋が足りないというよりも、身体の動き方の不良や周辺関節の硬さなどによって腰に負担がかかりやすい身体の状態になっていることが多いです。その様な場合は腹筋を鍛えるよりも、身体の動かし方の改善や固い部位のリリースなどが必要です)


③ 体力の強化


この腹筋エクササイズでは種目の間の休憩を短くすることで、腹筋の強化だけでなく心拍数も上がる様に設計しています


特に運動を全くされていない方は、連続で腹筋をしただけでも息が上がってくるのを実感されると思います


それゆえこの腹筋エクササイズはお腹周りの筋力強化だけでなく、心拍数を上げることも体力の強化に繋がります


実際の腹筋エクササイズ動画


下記の様な動画を今後YouTubeにて配信していこうと思います



最初は低強度で始めやすいレベル1からスタートし、強度も高く種目も多いレベル8まで用意する予定です


1つのレベルは5週間継続し、6週目に次のレベルに移ります


ですので、レベル1からレベル8までで40週間あることになりあす


40週間、週3回、1回約3-4分の腹筋をコツコツやれば、レベル8が終わった頃にはかなり違った身体や身体の感覚となっています


まずは継続ですので、ぜひご視聴していただき腹筋エクササイズ試してみてください










閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示