テニスボールで腰回りのセルフケア


自己紹介


こんにちわ、Calantスポーツリハビリ&パフォーマンスの爪川慶彦です


私は東京都文京区白山のパーソナルジムCalantで一般の方からアスリートまでのパーソナルトレーニング/スポーツリハビリ/脳振盪リハビリを行っております

このブログを通して私の考えや役に立つ豆知識などを発信しておりますので、是非ご一読ください


本日の記事はこちら↓


セルフケアとは?


セルフケアという言葉をお聞きになったことはありますか?


セルフ=自分


ケア=助ける、世話をする


セルフケア=自分で自分の世話をする


直訳では少し変な感じになってしまいますが、セルフケアとはご自身でご自身の身体をほぐしたりストレッチしたりすること全般を指します


「身体のケアは整体やマッサージに行っている」


こうおっしゃる方もいらっしゃいます


確かに整体やマッサージなども気持ち良いですが、毎日通えるわけでもないと思います


さらに整体やマッサージなどはご自身の都合の良いタイミングで出来るとも限りません


その点、セルフケアのやり方を知っておけば、ご自身のタイミングでいつでも行うことが出来ます


例えばご自身で運動(ランニングやトレーニング、ボクシングなど身体を動かすこと全てを含みます)をされる方は、その前後などでセルフケアをしてから運動をするとその運動の効果が高まったり、翌日に残る疲労感なども変わってきます


また、セルフケアを行っていくとご自身の身体の状態も把握しやすくなります


いつも通りのセルフケアを行っても違和感などが残る場合は、それは整体やマッサージなどでプロの力を借りる必要があるかもしれません


逆も然りで、セルフケアでいつもより身体が動きやすいのであれば、その日は調子が良いと判断できるかもしれません


ですので、セルフケアのやり方を知っておくと非常に便利です


セルフケアでは器具を用いて行う方法が多いですが、今回はテニスボールを使用して腰回りのセルフケアをご紹介したいと思います


テニスボールで腰回りのセルフケア


これは動画でご紹介した方がわかりやすいので、下記の動画をご覧ください



注意

動画内でも説明していますが、「腰が硬いから腰をほぐす」というだけだと逆にぎっくり腰などで腰を痛めてしまう可能性もあります


腰が硬いのは腰を過剰に支点にして身体を安定させている可能性もあり、そうであれば本来取り組むべきことは「なぜ腰を過剰に使って身体の支点としているのか?」を探ることであり、身体のバランスなどを改善して腰を支点として使うのを和らげることです(もちろんこれ以外でも腰が硬く感じる場合はあります)


このような場合に腰を安易にほぐしてしまうと、身体を支える支点がなくなり怪我につながる恐れもあります


ですので、腰のほぐしに関しては動画内の説明を参考にしていただきながら行っていただければと思います


本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました


#テニスボール

#セルフケア #腰 #腰痛 #ケア #ストレッチ #1人で #1人で出来る

15回の閲覧0件のコメント